美容液の効果

美容液に使用期限はあるの?期限切れを使うとまずいの?

投稿日:

 

食べ物には必ず賞味期限がありますが化粧品はどうでしょうか?

美容液には使用期限はあるのでしょうか?

化粧品には使用期限があり美容液はいつか腐ってしまうんですよ。

では期限切れを使うとどのようなことがあるのでしょうか?

期限切れを使っても何も起こらないかもしれませんし、肌荒れを起こす可能性もあります。

今回は美容液の使用期限について詳しくお話しします。

美容液の使用期限は安全に使用できる期間

化粧品は本来3年以上安定した商品を作っている会社が多いです。

化粧品が作られて発送され店頭に並んであなたが購入するまでにどのくらいの時間がかかるかはわかりませんよね。

そのため、できるだけ長く安定するように化粧品は作られています。

安定しているとは化粧品が作られた時の状態のまま問題なく使用できる状態です。

美容液は多くの美容に効果的な成分を調合して作られています。

しかし一定期間をすぎると美容液は不安定になり分離したり、テクスチャーの変化、色の変化、香りが変わるなどの変化が起こってきます。

使用期限の記載がある美容液

もしお使いの美容液に使用期限の記載がされていたら、それは製造から3年以内に美容液が安定しなくなってしまう商品です。

そのため、何年何月までに使ってくださいという記載がされています。

その商品はメーカーが早めに使うようにすすめている、ということです。

使用期限の記載がない美容液

もしあなたの使っている美容液にとくに使用期限の記載がない場合は製造されてから3年間は未開封で問題なく使えます。

しかしこれはあなたが購入して3年間は使わなくても大丈夫、という意味ではありません。

なぜかというと、あなたが買った美容液には製造年月日の記載もない可能性が高いのです。

製造年月日記載の義務は日本の法律ではいまのところないのです。

そうなると、あなたが美容液を買った時点でその美容液が作られてから何カ月目なのかはわかりませんよね。

つまり一体いつまで使えるのかがわからないのです。

ですので、新しく買った美容液はできるだけ早く使い切った方がいいのです。

ちなみにこの未開封という言葉は重要です。

開封をしてしまうと使用期限は変わってきます。

日本では開封後の使用期限が記載されている化粧品は少ないです。

ですので、はっきりとした開封後の使用期限は設定されていません。

一度開封をしたら早く使い切るようにしましょう。

PAOマークって何

外資系の商品にはPAOマークという開封後の使用期限が記載されているものが多いです。

PAOマークとは化粧品開封後の使用期限を示しているマークです。

外資系の化粧品にはほとんどに記載されているマークです。

パッケージのどこかに入れ物の中に数字とMが書かれたマークが記載されています。

これは開封後何カ月以内に使い切りましょう、という意味です。

例えば18Mと記載されていたら、開封後1年半未満に使い切りましょう、という意味です。

外資系の化粧品もだいたい3年ほど安全に使えるように、を目安に作られているものが多いです。

PAOマークが付いている場合は3年以内で開封後はPAOマークの指示内で使い切りましょう。

使用期限切れの美容液

さて、もしあなたの使っている美容液の使用期限が切れてしまったら、いったいどうなるのでしょうか?

使ってお肌に何か影響はあるのでしょうか?

使用期限が切れた美容液に起こりうること

もし美容液の使用期限が切れてしまったら、その美容液は今まで使っていたようには使えないかもしれません。

使用期限を越えると徐々に色やテクスチャーなどの見た目が変わったり、香りが変化し始めます。

それでも問題なく塗ることはできると思います。

しかし、何よりも肌を美しくする美容成分の効力がなくなっている可能性があります。

高い美容液だからもったいない、と期限が切れていても使っている方は多いかもしれません。

ですが、期限の切れた=効果の薄れた美容液を使い続けることにはあまり意味がないのです。

使用期限切れの美容液の肌への影響

使用期限切れの美容液を塗った場合の肌への悪影響の可能性はあります。

まず先ほど説明したように、美容液の効力がなく塗っている意味がないかもしれない、とお話ししましたよね。

それだけで終わればいいですが、塗ったことによって肌が荒れてしまうリスクもあるのです。

使用期限が切れた美容液は、腐らないように入っている防腐剤の効力も切れているかもしれません。

つまり、その美容液は腐り始めていて、菌が増殖しているかもしれません。

菌を顔に塗るというのは想像しただけで嫌ですよね。

にきびに悩まされている人はとくに気をつけてほしいです。

美しくなるために使用する美容液ですが、使用期限が切れてしまえば逆に肌によくないものになっていきます。

美容液を長持ちさせるにはどうすればいいの?

できるだけ早く使って欲しい美容液ではありますが、より長くいい状態を保つためには次のようなことができます。

冷暗所に保存をしておく

化粧品は熱や光にさらされると早く腐ってしまいます。

そのため未開封や開封後に関わらず、化粧品を置くのは暗くて涼しいところにしましょう。

そうすることで化粧品は長持ちします。

美容液は直接触らない

美容液には様々なパッケージがありますよね。

ポンプ式は問題ないのですが、ジャーに入っているタイプやドロッパータイプなどは扱いに注意が必要です。

これらの美容液は直接指で触らないように取り出した方がいいです。

きれいにしていても手や指には細菌がついていますよね。

美容液の中に指が触れてしまうと菌が増えてしまいます。

もちろん、ほとんどの美容液には防腐剤が入っているので直接触っても菌が増えないように作られています。

短期間で使い切る人は触っても問題はありません。

できるだけ長く使いたい、と思う人はこのようなことにも気をつけることで、美容液が衛生的に保たれより長くいい状態を維持できる可能性が出てきます。

美容液は購入後できるだけ早く使い切るのがオススメ

美容液はいろいろとある化粧品の中でも高価なものが多いですよね。

濃縮された化粧成分が入っているのでより効果的ですがその分お値段もはってしまうものなのです。

そのためもったいぶって少しずつ使っている方は多いのではないでしょうか?

何度も言うようですが、化粧品はいつかは使えなくなってしまいます。

そして、いつまで使えるかがはっきりしない表記しかされていないのが今の化粧品の現状です。

ですので、せっかく買った美容液は買ったらすぐに開封をして惜しみなく使ってしまいましょう。

そうすることでよりお肌もきれいになります。

早く使い切ってしまえば無駄な肌トラブルに悩まされることもありません。

まとめ

今回は美容液の使用期限についてお話をしました。

美容液の使用期限は未開封で3年以内、表記がある場合はその期間内であると覚えておきましょう。

外資系のPAOマークが付いているものは開封してからPAOマークに書かれている期間内に使い切りましょう。

使用期限の切れた美容液はすぐに腐るというわけではありませんが、確実に効力は落ちています。

効果が薄れた美容液を塗っても意味はあまりありません。

また肌荒れを起こしてしまうのは最悪ですよね。

ですので、美容液は使用期限を気にしなくていいように買ったらすぐに使ってしまうのがいいのです。

できるだけ長く使いたい人は冷暗所に美容液を保存しましょう。

ポンプ式以外のパッケージは取り出すときに直接触らないようにすることで美容液の寿命を少し伸ばすことができるでしょう。

-美容液の効果
-, ,

Copyright© 今売れてる30代におすすめの美容液ランキング。人気商品はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。