美容液の効果

美容液と化粧水と乳液の違いって何?

投稿日:

 

スキンケアで多くの人が使用している美容液と化粧水と乳液ですが、これらの違いは何なのでしょうか?

簡単に説明すると、美容液は美容成分が濃縮された液体です。

化粧水は美容効果の入った水っぽい液体で、主に2種類あり、肌ひきしめる収れん化粧水と、保湿をする化粧水があります。

乳液は肌を保湿するために使われる軽い付け心地のクリームのことをいいます。

本日は美容液と化粧水と乳液の違いは何なのか、また各アイテムの使い方のコツなどについて詳しくお話します。

美容液とは

美容液とはスキンケアラインの中でも一番高価なことが多いスキンケアアイテムです。

高価な理由は成分が濃縮されて入っているからです。

美容液、セラム、ブースター、などなど様々な名前が付けられています。

テクスチャーは商品によりけりですが、多いのはトロッとした液体のものです。

他にもオイル状のもの、乳液状のもの、などなど様々な美容液が売り出されています。

美容液の効果は入っている美容成分によります。

美白、アンチエイジング、シワ、保水、保湿、毛穴、ニキビなどなど目的に応じて必要な成分を高濃度で配合していることが多いです。

美容液は十分な量を必要なエリアに指で塗ってください。

顔全体に塗るものもあれば、美白やニキビケア用などでピンポイントに使うものもあります。

化粧水とは

化粧水は男性でも使っている人が多いスキンケアアイテムの一つです。

水っぽいものからトロッとしたものまであります。

化粧水には収れん化粧水と保湿化粧水の2種類があります。

各化粧水の特徴を見ていってみましょう。

収れん化粧水(ふきとり化粧水)

収れん化粧水、またふきとり化粧水とも呼ばれるのが肌をひきしめる効果のあるさっぱりとした化粧水です。

英語ではトナー(Toner)と呼ばれるものです。

ほとんど水のようなテクスチャーで、使うことによって肌がさっぱりとします。

男性、皮脂の分泌が過剰な人、毛穴が気になる人、などに効果的な化粧水です。

収れん化粧水はコットンに十分な量を取り出し優しく顔を拭き取ってください。

毛穴の方向に反して拭き取った方が汚れや油分などがしっかりと取れます。

保湿化粧水

保湿化粧水は保湿や保水をすることを目的に使用される化粧水です。

収れん化粧水同様水っぽいものからトロッとしたテクスチャーのものまであります。

英語ではハイドレーター(Hydrator)やミスト(Mist)などと呼ばれています。

海外ではスプレータイプのものが多いですが、日本では化粧水はメジャーなスキンケア用品なので様々な種類が取り揃えられています。

パッケージ、テクスチャー、さらに得られる美肌効果も色々とあります。

保湿、保水、美白、アンチエイジング、など目的に応じて作られた保湿化粧水がたくさんあります。

保湿で使用される化粧水ですが、多くの場合化粧水だけでは保湿が不十分です。

ですので、一般的には美容液、乳液、クリームなどをつけてさらに保湿をします。

ベタつきを嫌う男性は化粧水しかつけない人も多くいます。

保湿化粧水はコットンにとってつけてもいいですし、手に取り出してそのままつけてもいいです。

顔をパンパンと叩かずに、全体になじませたらやさしく肌に押さえつけるようにして浸透させましょう。

化粧水をつけたら乾く前にすぐに美容液や乳液をつけてください。

乳液とは

乳液とは水と油を混ぜて界面活性剤で乳化をされて作られる軽い付け心地のクリームのような液体です。

水の分量が多いと乳液になり、油の分量が多いとクリームになります。

乳液はスキンケアの最後に使うものです。

目的は保湿や保水をしながらそれまでに塗った美容液や化粧水に蓋をする役割で使われます。

化粧水だけではすぐに乾燥をしてしまいますが、乳液を使うことで1日潤った肌をキープすることができます。

クリームよりも軽い付け心地なので、ベタつきが嫌いな方や夏などにオススメなのが乳液です。

乳液にも保湿以外に保水、美白、アンチエイジング、にきび、などに効果的な成分が配合されているので自分の好みの乳液を選びましょう。

乳液は手にとって、顔全体になじませましょう。

保湿化粧水同様やさしく肌を押さえるようにして浸透させてください。

乳液とクリーム

乳液とクリームは両方使う必要はありません。

共にスキンケアの最後に使うもので、どちらを使ってもかまいません。

乳液とクリームは似たようなもので、水と油の割合が少し違うだけです。

水が多いほどさっぱりとした使い心地になり、油が多いほど保湿力が高くなります。

さっぱりと仕上げたい人は乳液を使ってください。

乾燥気味でしっかり保湿をしたい人にはクリームがオススメです。

まとめ

今回は美容液と化粧水と乳液の違いについてお話ししました。

美容液は美容成分が濃縮された液体です。

最も高価なスキンケアアイテムです。

塗り方は商品によりけりですが、主に手で必要な箇所になじませてください。

化粧水は日本ではほとんどの人が使っているスキンケアアイテムです。

肌を引き締めたり保湿したりする目的使われます。

収れん化粧水はコットンで拭き取って使うのがオススメです。

保湿化粧水はコットンまたは手で顔全体になじませましょう。

乳液はスキンケアの一番最後に使うもので、肌に蓋をする役割があります。

乳液を塗ることで1日潤った肌でいることができます。

クリームよりもさっぱりとした使い心地なのでオイリー肌の人やベタつきが嫌いな人に向いています。

乳液は化粧水が乾く前にささっとつけましょう。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

美容液と化粧水と乳液の塗る順番って何が正しいの?

-美容液の効果
-, , ,

Copyright© 今売れてる30代におすすめの美容液ランキング。人気商品はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。